極細ボーダーII

目地幅や目地パターンを自由に設定できる極細ボーダー。
湿式製造では難易度の高い、細くて薄い製品のため、複数枚連結成形で形状を保つなど、各製造工程で細心の注意を払って製造しているタイルです。
還元焼成による柔らかな色幅と、シート張りや接着剤張り仕上げも可能な高い施工性を両立しました。

極細ボーダー粗面

床でも使える極細ボーダー。
極細ボーダーIIや他のタイルと組み合わせて、厚みのアクセントづけにも便利です。

スティルボーダー

昔ながらのボーダータイル。
長辺が丸みを帯びた柔らかさと、レンガ素材の温かみが建物全体を優しく包みます。

スティルボーダー セラリ・パースリ

スティルボーダーの温かみはそのままに、ハンドメイド調のスクラッチを入れました。
同じ模様は二つと無い、偶然の生み出したアートをお楽しみください。

二丁掛ライト

レンガを積んだような表情が最も良く出る210×60のタイルです。
こだわりの還元焼成でありながら、薄手で軽量。
どんな建物にも手軽にレンガ積みの風合いを加えます。

二丁掛ライト セラリ・パースリ

職人が手作業で模様をつけていたハンドメイドタイルの雰囲気をそのままに、
特製の産業ロボットで一枚ずつ表情の違う「ゆらぎ」を再現しました。

AGRシリーズ

焼き物を窯に積む時には、レンガにはレンガの、タイルにはタイルの積み方があります。
古レンガと同じ原料を、古レンガと同じ積み方をしたら、古レンガの風格を持つタイルが焼けました。

幅抜き粗面

昨年度、弊社特注品で最もお問い合わせの多かった幅抜き粗面が標準在庫品に。
原料調合と焼き方を複雑にすることで、自然で幅広い色幅が特徴です。
塗り目地仕上げの美しい、今までありそうでなかった新スタンダードです。

ピンコロスライス

ピンコロ石をスライスしたら、壁にも張れる可愛いレンガになりました。
小さな製品ですが、全工程を手作業で作っています。
目地幅を細くし、モルタルを詰めなければモダンな感じに。
目地幅を太くすればレトロに仕上がるオールラウンダーです。

スライスボーダー

ボーダータイルの常識を覆す、超大判ボーダータイル。
焼成時に炎がタイル表面に直接当たらない様にしているので、窯変調の風合いが出ている種類もあります。
薄くて長いタイルは凸凹が出ない様に一工夫しております。
薄手、軽量、接着張り。
二種類の長さで乱張りも手軽にできるのでタイルパターンも変幻自在。